よくカードの限度額が使用者が日常払う以上にゆるく決められていると使用者は問題ないと無駄にクレジットカードを使ってしまったりするようです。

このようなカードの使いすぎを制御する目的で使用できる限界額をできれば減らし気味に決めておこう・・・ということが、これから申し上げる文章のメインとなる考え方です。

限度額を減らす方法□使用カードの月ごとの限度額を減らすやり方は、利用限度額を引き上げる手順と大差なく大変スムーズです。

クレカの裏側に記載されている電話番号に連絡して「利用限度額をセーブしてほしい」ということを担当者に伝えるだけ。

普通は今現在の月ごとの限度額に対して少ない上限であれば審査なしで申請ができます。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

月の利用限度額を少なくしておくのは資産を守ることにも結びついている〇クレカの月の限度額の抑制は、自制という効果のみならず資産を守ることとも関連があります。

もし、手元のクレカが悪意のある人物に偽造されたトラブルでも前もってカードの利用限度額を低めに押さえておくなら害を可能な限り最小限にすることが可能だからなのです。

強調しておきたいのはもし仮にクレジットカードが悪用されることになったトラブルでもクレカの使用者に過失と思えるものがなければ盗難保険と呼ばれるしくみが利用者を守ってくれるわけだから心配はないわけですが、もしものために、多めの限度額は減額しておくなら安心でしょう。

必要のない上限額はメリットのないことなんです。