あいにく今では極変わった実例を抜かして金券の店舗でショッピングをしてもカードを利用する事が出来る売店などありえません。

そういうせいでJCB、MasterCard、NICOSなどの券を駆使した間接的クレジットカード使用の例はほとんど現実的に実行する事はほぼ不可能なのです。

それならどういう手法を使うと直接商品を買うのでないクレジットカード使用ができるのでしょう?と言われればそのテクニックとは今の時代幅広く支持されている電子マネーという総称のEdy(エディ)、iD、またはICOCA、WAON、nanacoなど。

実は、電子マネー駆使して間接的クレジットを行うという事が出来るのです。

Edy、iD、QUICPay、であったりSuica、nanacoなどはクレジットカードで買い付ける事が可能な商品券…PASMO、とかVISA Touch、nanacoなどに馴染みのないような人には漠然と複雑な思いを思い描く可能性があるかもしれないですが、こういう電子マネーはいわゆるただの券になります。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

VISA、American Express、Diners clubなどの券とまるっきりズレはありません。

またそういう電子マネーはカードを使って簡単に買い付けすることができることが便利だったりします。

その上電子マネーはこの頃、ネットショッピングかわきりに、街ナカや様々な店舗他でも活用出来得るようになってきているようだ。

「当店舗の支払いにはカードはご実用にはなれません」という感じで貼り紙されているような売店であってもEdy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、だったりnanacoなどであるなら駆使できる場合がいっぱいあるのです(クレジットポイントが確実に貯められる)。

普通、ショッピングを満喫するのみでは得られないクレジットポイントであるから、絶対、利用してみてほしいです。