雑誌の折込チラシ、タブロイド紙、電話ボックスに見られる宣伝や郵便広告などで、「多重借金の効率化任せてください」「多重負債を一本化したいですよね」と書かれた売り文句を見かけることがしばしばです。

こういったものは、「整理屋」「買取専門人」「つなぎ業者」という名称の会社のだまし広告の場合もあったりします。

こういったものを申し込んだときには破産申請の流れの中で最優先の免責認定を手に入れられなくなる危険がありえます。

「整理業者」の場合は広告などで多重負債者を呼び出し高額のサービス料を受け取って債務整理をするのですが結局のところ債務整頓はされず、負債者はさらに債務地獄に落ちるときがすべてと予想されます。

「買取業者」は借金者の借金で、家電、新幹線の券をたくさん仕入れさせ債務人からこれらの品を販売額の30%〜額面半額で購入するという手段が主です。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

債務人は短期には金が懐に入りますがいつかクレジット業者からの買ったものの定価の催促がきて、現実には借金を上乗せする結果になります。

この場合だとクレジットカード会社に対する詐欺に当たるということになって免責判定を受けられなくなります。

「つなぎ屋」とは人気の消費者金融から貸してもらえなくなった債務者について、自分では金貸しはしないで、貸出をする異なる企業を呼んで、すさまじい依頼料を出させる会社です。

紹介屋は手の込んだ努力でお金を貸し出しが受けられたかに報告しますが、本当のところは何もしないまま単純にルールの通りやすいサービスを説明しているだけなのです。