自動車を所有するあなたでしたら分かっていると思いますが自動車税という税金が徴収されます。

そしてこの税金は愛車買取の際に当たり前に返還されるものなのです。

このような事は実際実行するとすぐ覚えられますが最初から順を追って案内しましょう。

念のため補足しておけば日本のメーカーの自動車のみが対象ではなく海外の車などでも還ってくることになります。

当然クルマについてもそうです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

自動車税という税金は車を持つ人が支払わなければならないお金ですが、この金額はそれぞれの排気量の大きさによって規定されています。

1リッター以下ならば29500円で、1リッターから1.5リッター以下までだと34500円です。

これ以降は500ccごとに5000円ずつ増加します。

これは4月1日現在のの保有者が、その年度の金額を払うように定められています。

この税の場合は事前納付で今年度の金額を払いますので年度内に車を売った場合は、買い取ったオーナーがお金の納付義務を負うということです。

売却先が買取専門店の場合は、売却した際に自分が前払いしている分の金額を返還してくれます。

つまり、所有権が移った瞬間以降の税額は新たな所有者が納税義務を負います。

あなたが10月に愛車を売却したなら、11月以降翌年3月中までの払ったお金は返金されます。

というのは、前述の通り自動車税という税金は一年分を前払いしているという決まりからも明らかです。

まとめると、売却者は売却先に税金を返還してもらうということです。

個人でクルマを買い取ってもらうときに、結構このような大切な知識に気づかない人が多くいるので確認するようにしなければなりません。

自動車税という税金は車を手放すと返金されるという事実を意外と知っている人がいない事をいいことにその状況を悪用する悪徳業者もいます。

こちら側から自動車税についての話題を出さなければ、完全にそのことに説明しないという場合もたびたび見られます。

なので車の売却をするさいには税金が返金されることの確認を怠らないようにしてください。