自己破産申請は特定のお金を取り除いた手続はできないので、ローンまたは連帯保証人が存在している未返済金を除外して行う自己破産の申告はできません。

高額な住宅ローンがまだ存在する段階で申告をしたら自分の家は所有権がなくなってしまいます故、ローンを払いつつ(マイホームを所有し続けながら)借入金を精算したい場合には民事再生の手続きを考えるのが賢い方法です。

その一方で、親族などの連帯保証人が存在している負債が残っているケースでは債務をもつ人が自己破産の申請をすると、連帯保証人のところに直接返済請求書が送付されてしまいます。

なお、所有している家財(持ち部屋、自動車、証券類または生命保険というようなもの)については、通常例外無しに回収対象として扱われてしまうためどんなことがあっても絶対に失いたくない財貨があるという方の場合や、自己破産申請をすると営業停止を余儀なくされる免許を用いて働いているケースですと違った返済の選択肢(任意整理あるいは特定調停の申し立てなど)を検討しなければいけないのです。

また、賭け事、無駄遣いといったことで返済義務のある負債が大半のときには自己破産の目的である免責(返済義務のある借金を0にしてしまう)が認められない可能性がありますので、違う借入金返済の方法(特定調停、債権者との和解による任意整理ないしは民事再生による借金の大幅な低減)も積極的に考える必要性があると言えます。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ