渡された明細レシート保有義務はあるのか?。

正解から冒頭でお伝えすると保持する必要は特別ないと思います。

保存していることで個々が決済した痕跡を持っていたいと思う際であれば残せばいいのだろうし、そういうものいらないと考えるのであれば残す理由はないと言えます。

しかしながら毎月郵送されてくる使用明細書との照らし合わせ作業段階には例外なくレシートが必要となります。

明細をそこまでは最低限保持していないと、どこでいつどれだけ使ったのかということが明確でなくなることだけに限らず、誤った請求であったり二重請求の照らし合わせさえもすることができなくなってしまうから気をつけなければなりません。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

特に使用した大きさについては明細レシートを保存していないと覚えていようがないはず。

せめて明細書類が送られてくる1ヶ月か2ヶ月まではしっかりと明細を無くさないようにしたい。

クレカの明細レシート破棄方法→明細レシート廃棄の手段はとても単純なのです。

他の人に不正な使用をされないようバラバラに裁断して捨てるだけで大丈夫。

クレジットカードの利用内容を記載する利用レシートであるがゆえ、カードナンバーなど機密情報の内容について特定できることが多く入っているのです。

不必要な利用レシートと油断せず、気を抜かずに実施して欲しいです。

一方、このごろは防犯のためにカード番号といった個人情報が書かれない利用レシートも出始めているが過信は禁物である。